Notice: Undefined variable: part_base1 in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/include/conf.php on line 19

Notice: Undefined variable: all in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/include/func.php on line 12

Notice: Undefined offset: 1 in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/include/conf.php on line 20

Notice: Undefined variable: contents_root_path in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 21

Notice: Undefined variable: contents_root_path in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 27

Notice: Undefined variable: contents_root_path in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 28

Notice: Undefined variable: part_r in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 28

Notice: Undefined variable: all in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/include/func.php on line 12

Notice: Undefined offset: 7 in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 37

Notice: Undefined offset: 8 in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 38

Notice: Undefined offset: 9 in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 39

Notice: Undefined offset: 10 in /usr/home/aa136l1qdi/html/new/shelter/contents.php on line 40
地下埋没型シェルター|株式会社メノガイア

地震・核の脅威に…。地下シェルターの設置なら地下埋没型シェルター

住宅向け地下埋没型シェルター 設置イメージ

  • 設置イメージ
  • 設置イメージ
  • 設置イメージ
  • 設置イメージ
  • 設置イメージ
  • 設置イメージ
  • 設置イメージ

・あらゆる災害から保護します。

核の放射性物質降下、バイオ化学の汚染、 トルネード、地震、および野生の火事から、 あなたを守ります。

・機能面

スチール壁は、室内温度が低く保たれ、 ブドウ酒貯蔵庫や調味料の保存などにも 使えます。物置としても使うことが 可能です。

・設置

この地下のシェルターは、 一戸建て住宅に簡単に設置することが できます。ガレージ下などに設置される 方が比較的に多いです。

防災シェルターの必要性

日本における地震被害について

日本は地震大国であり、これまでにも東日本大震災や阪神淡路大震災など、マグニチュード7以上の大規模な地震により大きな被害を受けています。
東日本大震災では原発事故により、大気や土壌が汚染し、住民を脅かしています。今後も30年以内に南海トラフ地震が発生するとも言われています。
自然災害に対しての供えも必要となります。

地震の被害の写真です

昨今の世界情勢について

昨今、世界各地で紛争やテロが発生しています。
このようにめまぐるしく変化する世界情勢の中、未来を予測する事は容易ではありません。
果たして、「私たちの未来はずっと安全である」と断言できるでしょうか。将来に起こるかもしれない有事に備える為、私たちは核シェルターをご提案させて頂きます。

世界情勢の写真です

TASK 日本の防災・減災に対する課題

世界の核普及率を見てみると、スイスとイスラエルは100%、ノルウェーやアメリカ、ロシアも60%を超えて普及しています。
しかし、日本では人口に対してのシェルターの普及率は0.2%となっております。
核シェルターは、大規模災害に備える目的で作られます。大規模災害とは、人為的には戦争・テロ・自然災害では地震・津波・火災、又は化学工場や有害物質を取り扱う場所の事故などです。
最も過酷なもの災害は核爆発による爆発の衝撃・爆風・熱・火・放射線・二次放射能による空気や水や土壌の汚染です。
核爆発後の過酷な条件下で人命を守る為、核シェルターは建設されます。衝撃波、爆風、放射線、熱、火の脅威を減少させる為に地下が有効で、地下の揺れは地表の約3分の1といわれています。

世界各国の地下シェルターの普及率のグラフです
  • CASE.1
    地震があった場合

    シェルターは、
    地震で住宅が倒壊して
    しまっても寝室や睡眠
    スペースを確保する事が
    出来ます。 地下に設置する
    為、地表よりも地震の揺れ
    を約3分の1に抑えること
    ができます。
    災害の脅威から
    あなたや家族の身を
    守ります。

  • CASE.2
    火事があった場合

    シェルターは、
    火災の際にも密度の高い壁と
    厳重なフィルターを通した
    空気清浄機を装備している
    ため、 煙等を吸ってしまう
    リスクを軽減する事が出来、
    火炎の脅威から
    身を守る事が出来ます。

  • CASE.3
    有事の場合

    有事の際には核爆発の
    爆風のみならず、化学剤、
    生物剤、核物質が用いられた
    場合にも効果を発揮する
    避難所となります。
    核爆発の後の二次放射能に
    よる空気汚染や土壌汚染も
    回避する事が出来ます。

他にも、地下埋没型シェルターはこんな時に役に立ちます!

・ゲストルームとして
・温度が一定なのでワインなどの貯蔵庫として
・一時的な物置として
・核攻撃があった場合
・バイオテロがあった場合

製品紹介

  • type.A地下埋没型シェルタースタンダード

    地下埋没型シェルター スタンダード タイプAの間取図です

    奥行:約2.4m
    幅:約3.0m
    高さ:約4.4m
    ベッド3~4
    ベッド&ソファー
    空気清浄機(アメリカ製)※ソーラーバッテリー、テレビモニター、給水タンク、非常用トイレは含まれておりません。

  • type.B地下埋没型シェルターデラックス

    地下埋没型シェルター デラックス タイプBの間取図です

    奥行:約2.4m
    幅:約3.6m
    高さ:約4.4m
    ベッド3~4
    ベット&ソファー
    空気清浄機(アメリカ製)※ソーラーバッテリー、テレビモニター、給水タンク、非常用トイレは含まれておりません。

  • type.C地下埋没型シェルタースーパーデラックス

    スーパーデラックス タイプCの間取図です

    奥行:3.0m
    幅:9.4m
    高さ:3.0m
    ベッド4~6
    ベッド&ソファー
    空気清浄機(アメリカ製) ※ソーラーバッテリー、テレビモニター、給水タンク、非常用トイレは含まれておりません。

お問合せはこちら

お問合せをご希望の方はこちらからお問合せください

お問い合わせはコチラ